目を大きく見せるためのマッサージをする時の注意点

目をパッチリと大きく見せたい、と願う女性はとても多く、アイメイクアイテムを駆使して、努力を重ねている方も少なくありません。

大きく見せるには、メイクのように上から装飾するという方法もありますが、マッサージなどを行い根本的に対策を取るという方法もおすすめです。目を大きく見せたい場合、周辺の血行を促すと、むくみが取れるので、メイク前などに行うと効果的ですが、マッサージを行う際には気をつけなければならない注意点も多いので、しっかりと理解しておきましょう。

マッサージは、美容効果が上がる反面、力の入れる方向などを間違えてしまうと、余計なしわやたるみを生じさせてしまいます。特に目の周辺の皮膚は薄く敏感なので、強い力を加えることはタブーです。指先を使ってマッサージをする時には、最も力の入りにくい薬指を使うのがお勧めです。

また、血行を促進させるためには、冷たい手で行うよりも、温かい手で行うほうが断然効果が高まるので、手先がひんやりしているという方は、あらかじめお湯などでしっかりと温めてから肌に触れるようにしましょう。

また、目の周辺は乾燥しやすい部位でもあるので、肌への摩擦を極力減らすためにも、オイルやクリームなどを使うのもお勧めです。メイク前にはあまり使いすぎると崩れの原因にもなってしまいますが、ナイトケアでマッサージをするのであれば、少したっぷり目に指先を潤わし、滑りやすくして触れるようにすると、しわの予防にもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *